ポケモントレッタ 排出 仕組み

こんばんわ~
もうすぐ3月。花粉が絶好調でかなり辛くなってきました…。

ここ最近、仕事帰りに某巨大ショッピングモール3階のゲーセンで
トレッタをやって帰るというのが習慣化しつつあります(苦笑)。

帰りが遅くなると妻のご機嫌が・・・なので
やっても5クレくらいですが。

さて、今日は
ポケモントレッタの排出の仕組みについて説明したいと思います。

実際に捕まえたポケモンがトレッタになって出てくるという仕組み
いったいどんな仕掛けになっているのか不思議ですよね。

あの機械の内部には、

トレッタが50枚縦になった「筒」が2本、
装填されています。

そして、その下には、16枚のトレッタが並ぶ「ターンテーブル」があります。

サーチモードで出てくるポケモンは、このターンテーブル上にあるキャラから
選ばれます。

なので、ここにレジェンドやマスターが並んでなければ
絶対にサーチモードで出てくることはないのです。

で、ゲームをプレイして1枚排出されると、
装填されている筒から1枚ストンと落ちてくる。

という仕組み。

この筒にもAからHまであったり
さらにはそれぞれ配列があったりして
コアなファンの方はそこらへんまで踏み込んで研究されています。

ハイパーのこれとこれが出てきたから、
レジェンドがもうすぐ出現するな~とか予想したりね。

ちなみにレジェンドやマスターが1つの筒の中にどれだけ入っているかというと、
レジェンドかマスターが1枚。これが5本。
レジェンドもマスターもないハズレ筒が、3本。

こんな感じの説明でわかりましたかね(苦笑)。

配列に関しては、どなたかご教授願えますでしょうか…。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。